中古マンションを購入して家賃収入で生活費を稼ぎたいと考えている人もいるでしょう。

マンション購入というと、新築でないと入居者がいないのではないかと不安視する可能性がありますが、中古マンションであることに大きなメリットがあるのです。すでに、出来上がっている建物ですので、内見はもちろんのこと部屋から見える景観や内装を、自分の目で見て確かめることができるのです。さらに、新築マンションより購入費用が安いことは大きな理由でしょう。

他人に貸すマンションであるならば、新築であろうが中古であろうが関係ないのです。借り手が見つかる部屋を購入することが重要で、初期投資がかからないマンションに手を出すことが得策なのです。自分自身が気に入っている部屋であれば、借り手が見つからなかった場合、自ら住めばいいので、自分が住んでみたい部屋を購入することで、リスクがないと言っても過言ではありません。

そして、万が一借り手が見つからなかった場合でも、確定申告をすれば赤字決済で税金を安くすることも可能です。複数のマンションを購入していれば、すべての経費を合算することができリスク分散することもできます。新築マンション一つより、同じ値段で中古マンションを二つ購入するほうがリスク面を考えたらお得です。人気の物件の場合は、入居者が比較的早く見つかることが多いので、駅の近くや商店街の近くなどの中古マンションを購入するといいかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *