サブリースというものは、他人に持ち家を貸す時に、大家と借主の間に不動産会社に入ってもらう事を意味し、別名転貸しとも言います。

間に不動産会社が入るという事は保証料を支払う必要が出てきますが、多数のメリットも存在します。サブリースのメリットとして、空室や家賃滞納のリスクの回避が可能です。自分で全てを行う場合、不動産を人に貸したくても借りてくれる人がいなければ空室のままで収入が発生しません。お金の無い方に貸してしまって家賃を滞納されると、どうする事も出来なくなります。

間に不動産会社を入れる事で、空室や家賃滞納があった場合でも、サブリース契約をしていると、家賃収入を一定額保証してくれるため、安心する事が出来ます。良い点ばかりではなく、サブリースにはデメリットも存在し、例えば敷金や礼金と言った特殊なお金は貰えません。これは借主は間に入っている不動産会社から家を借りているという事になるからですが、その分きちんとした営業活動をやってくれるのですから納得が出来ます。

また自分で貸す場合と比較して、保証料の関係で全額の家賃を受け取る事が出来ないというデメリットもあります。これについても自分で貸す場合の空室や家賃滞納のリスクがあるのだから、保証料はやむを得ない部分です。一番困るパターンとしては、サブリース契約をしている会社が倒産してしまう事で、この場合はどうする事も出来ないものの、契約する会社の財政状態や今後の景気判断を適切に行う事である程度の回避は可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *