時々マンションやアパートなどのチラシや宣伝で、30年一括借り上げ、空室時も安心という文章を目にしますが、あれが不動産のサブリースと呼ばれている仕組みです。

サブリース会社に投資家などが所有しているマンションなどの不動産をまとめて借り上げてもらい、不動産投資家たちは毎月その会社より一定の賃料を還元してもらう仕組みになっています。不動産投資家にとっては、自分が所有しているマンションなどが引っ越しなどで空室になってしまいますと当然家賃収入がなくなってしまい、次の借主を探すことになってしまいます。

これ他の手間を省くだけでなく、空室になっても一定の家賃収入が保証されているサブリースはとても魅力に見えますが、実は家賃は満額還元されるのではなく一定の手数料を差し引かれた金額しか不動産投資家には支払われないのです。そのため、引っ越しなどがあまりない不動産物件は満額の家賃収入が入ってこないために利回りが落ちてきてむしろデメリットのほうが多いこともあります。

定期的なリース手数料の見直しもありますし、簡単には解約できない仕組みとなっているため利用する場合は慎重に判断する必要もあります。不動産投資家たちは、不動産運用のさまざまな知識なども学びながら、自分で家賃設定や利益の計画が組み立てられる投資運用を自ら行っている人も多く、サブリースの宣伝文句をそのまま鵜呑みにするのではなく、メリットやデメリットも考えて選ぶ事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *