これから不動産投資をしようとしている場合、サブリースという言葉をよく聞くと思いますが、上手に活用する事で投資を成功に持っていけるので重要な用語です。

通常ならオーナーが入居者の募集や家賃の回収をする所、サブリース契約を結んでいると、会社がオーナーに代わって色々な手続きをやってくれる上に、なかなか入居者が決まらない場合でも、一定額の家賃を保証してくれるというメリットがあるから、かなり魅力です。家賃以外の敷金や礼金が貰えない点や、一定額の保証料を取られるデメリットもありますが、収入面と手間面を考慮すると魅力な契約になります。ただしサブリース契約をしている会社が倒産すると全てが無しになるので、最初の選定できちんと選択する事は大切です。

サブリース契約をしている会社が倒産していまうと、すでに入居者がいる場合はそのまま引き継げるので家賃回収の手間は増えるものの、家賃収入が得られるので問題ありませんが、空室状態だったら保証してくれるはずのお金が得られなくなるので大問題です。会社の評判などをきちんと調べてから契約する事である程度のリスクは回避できるので、契約に時間をかけてじっくり検討する必要があります。

購入物件や保証される家賃の金額が適正かどうかも調査する必要があり、著しく相場とかけ離れている場合は別の会社を検討する方が良いです。家賃保証の免責期間というものが存在する事もあるので、契約書をじっくり読み、空室時はすぐに家賃保証がくれるのかどうかは、収入に関わってくるので非常に重要な要素です。きちんとした契約で保証内容が充実していれば、サブリース契約は不動産投資に非常に有効な手段です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *