賃貸経営を始めたいがノウハウがないため成功できるかどうか不安、そんな人たちの間で注目を集めているのがサブリースというシステムです。

経営計画や日常的な管理を専門の事業者にそっくり一任できるので、未経験者でも手軽に事業を始められます。サブリースでは賃貸住宅のオーナーが入居者に直接物件を貸すのではなく、いったん不動産会社に貸して、そこからさらに入居者に転貸するという形式をとります。そのため、事業運営はすべて不動産会社が責任を持って行います。家賃の額をいくらぐらいに設定したら良いか、管理業務はどの管理会社に委託したら良いかといった基本的な面はもとより、入居者を募集するための広告活動、応募者の審査、賃貸借契約書の取り交わしなどの作業もオーナーの手を離れます。

サブリースを利用すると、賃貸経営に関わる主導権は不動産会社側の手に渡ります。オーナーの仕事は、基本的にはそれを監督するのみとなります。このことは、一見すると「自分の所有する不動産なのに自分の自由にできない」という意味でオーナーの立場からすればデメリットであると言えます。しかし見方を変えれば、実績豊富なプロフェッショナルに経営を代行してもらえるという大きなメリットがあるということになります。したがって、賃貸経営の未経験者向きのシステムであると言えるわけです。経営のイニシアチブを譲り渡す代わり、オーナーには月々定額のリース料が支払われることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *