さまざまなトラブルが紹介されているサブリース契約は、アパート経営などのオーナーにとっては間違いなく魅力的なdシステムです。

空室時でも部屋の家賃が安定してオーナーには還元されますし、契約や契約更新などの面倒な手続きなども業者側がすべて対応してくれて家賃滞納の不安もないです。ですが実際には契約期間中なのに家賃の減額請求があったり、必要以上に補修やリフォームを迫られたりして不動産物件のオーナーには困った事例が報告されています。これは通常の不動産取引のように媒介業者や代理業者には宅建業法で安定した取引と貸主や借主の利益の保護がされていますが、サブリースにはこれらの法律の整備や制度が適応されないのが問題です。

ですが業者の中には不動産取引に精通していて不動産の媒介などを得意にしている企業も多く、空室時には速やかに入居者を見つけてくれたりしますので安心できる業者も多いです。大切なポイントとしては、すべての経営などを業者任せにするのではなく家賃減額請求時には周辺の相場をリサーチしたり、自分で将来の事業計画を作成したりする行動が必要です。

オーナーが自分で経営する場合は長い年月の中では必然的に空室が発生することがあり、それらを考慮した事業計画があれば業者側とも良好な取引関係が続き、オーナー側の利益のみでこのサブリースを考えるとマーケット変化のある中ではうまくいかない事が想定されます。サブリースを活用する大切なことは、ある程度の長い期間の中で総合的に判断する指標をオーナー側も持つことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *