サブリースとは、家賃経営システムの一つのことを指し、家主から、物件を一括で借り上げ、借り上げた物件にて賃貸貸付業務を担うことを指します。

仕組みとしては、サブリースは物件を所有している人物がサブリースサービス提供事業者に対して物件を一括にて借り上げた貰い、その借り上げた物件をリース会社が第3者に貸し付け利益を上げ、その利益の一部を家主に変換します。このシステムの利点としては、家主は物件すべてを貸し付けるという性質上、必ず一定の収入を得ることができるのが利点で貸し付けている部屋が空いていようが埋まっていようが報酬が発生します。

必ず、報酬がいくらもらえるかを把握しやすいため収支計画を立てることが容易であるのが特徴です。また、家主側は賃貸物件を管理運営する必要はなく、リース会社がすべてを担うため余計な出費が起きないのも魅力となります。ですが問題もあり、一括でリース会社が借り受けるかどうかが問題で魅力的ではない物件についてはサブリース会社が付かず借り受けてもらえないという問題があります。

他にも、建物から得られる報酬のすべてを得ることができず、減額された報酬をもらうことにもなりサブリース会社自体が倒産した場合、物件所有者に所有権が生まれますがそれまでにリース会社から支払われる家賃収入については回収ができないなど、リース契約を決めている会社が存在しなくなると本来得るはずであった報酬を受け取ることができず賃貸物件の管理なども家主側が担います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *